診療項目medicalcare

整形外科

日本整形外科学会認定の整形外科専門医が、捻挫・打撲・骨折といった各種怪我はもちろん、頚部痛・腰痛・関節痛・手足の痺れ・小児整形・骨粗しょう症・スポーツ障害・職業性疾患・腫瘍性疾患といった疾患や症状などの診療を行います。

下記に当てはまる方は、できるだけ早めに受診をして、悪化させないようにしましょう。

骨折
ぎっくり腰
その他、スポーツによる障害
脱臼
坐骨神経痛
巻き爪
ねんざ
脚のむくみ
外反母趾
打撲
脚がつる
交通事故による怪我、ムチ打ち
靭帯の損傷
骨粗しょう症
仕事中の怪我
切り傷
痛風
スポーツ中の怪我
膝の痛み、腫れ、変形
リウマチ
背中の痛み
テニス肘
腰痛
野球肘、野球肩

スポーツの怪我

スポーツをしている中でおこった怪我のことです。たとえば、捻挫、打撲、骨折、突き指、靭帯損傷などがあります。
怪我の種類により、治療法もさまざまです。

怪我をされたら、まずは当院にお越しくださいませ。

交通事故外来

交通事故による怪我の場合、すぐに症状が出なかったとしても、数日経ってから急な痛みや痺れに悩まされることがあります。
放置しておいても自然と治るわけではありませんので、できるだけ早めにご来院ください。

以前と比べて何か身体の調子がおかしい、痛いところがある、吐き気やめまいがするようになったという方は、ご相談にいらしてください。

交通事故による怪我の主な症状

首が痛い
頭が痛い
脚が痺れる
首が動かせない
めまいがする
よく眠れない
肩が痛い
吐き気がする
集中力が低下した
腰が痛い
手が痺れる

交通事故による怪我の治療費

交通事故による怪我の治療費は、保険によって支払われますが、医師の診断書を警察に提出する必要があります。
診断書を出さなかった場合は、人身事故ではなく物損事故として処理されてしまいますので、必ず早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

何日も経ってから検査を受けると、交通事故との関係が認められず、保険が適用されなくなってしまう可能性があります。

保険会社への連絡

治療を受ける際は、どの病院に通うのかを保険会社に連絡する必要があります。
その後は、当院から保険会社に直接治療費を請求しますので、患者さんの窓口負担はありません。

仕事中に発生した怪我の治療

仕事中、もしくは通勤途中に起きた怪我には、労働者災害補償保険(労災)による補償を受けることができます。
患者さんが治療費を負担する必要はありませんが、各種必要書類を提出していただく前は、一旦お支払いいただくこともあります。

なお、仕事中の交通事故は労災によって補償されることもありますが、加害者がいる場合は原則として自賠責保険や自動車保険が優先して適応されます。

side_inq.png